*小麦粉無し* でも美味しい日々♪ ✿ヴェリンヌ・ 『本日のサラダ』✿

✿ヴェリンヌ・ 『本日のサラダ』✿

ある日突然、小麦粉アレルギーになってしまいました。それでもお菓子を作る事が諦められず、小麦粉無しでも美味しい人生への開拓道を歩こうと♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

✿ヴェリンヌ・ 『本日のサラダ』✿

001_20120723235935.jpg

多分、今年初のヴェリンヌだと思います。
もしかして
1年くらいぶり?

『本日のサラダ』と名付けなしたが、
名の通り、
すべての素材が『野菜』である事にこだわってみました。

下から
セロリのレアチーズ、
黄色いトマトのジュレ、
パプリカのレアチーズ、
赤トマトのジュレと、
4層になってます。

セロリとパプリカ&トマトのヴェリンヌ 033

しかもこのヴェリンヌ、
ずっとずっと前から頭の中に出来てあったんです。

それが米粉の生地の事でいっぱいになっていて
後回しにされてたり、
1回は途中で冷蔵庫の中で放置されたままだったりして。

セロリとパプリカ&トマトのヴェリンヌ 036

もう一度気を取り直して
作り始めたのはいいが、
下から3層目のオレンジ色の部分が
パプリカのレアチーズなのだけど
この部分だけ3回作りなおしました。

最初はレアチーズ生地に生のパプリカを入れて撹拌して
こした後板ゼラチンで固めたのだけど、
固まらない!!

セロリとトマトのヴェリンヌ 014

これきっと、たんぱく質を分解してしまう成分が
パプリカの中にあったのね!と、びっくり。

次にやる事って、
寒天を使いリベンジ。
とろとろしてきた。
やっぱりそれだったか。
と、思いきや
また分解されてる!

なんでなの・・・???

もうこうなったら
パプリカの事をもっともっと調べないと。

パソコンの前でパプリカに関する記事を探して
色々、、、、読んだ。
けど、よくわからない。(汗)

何故固まらないのかは
突き止める事が出来なかったけど、
勉強にはなった。

「ビタミン様物質の一種であるビタミンPを含んでいる。
ビタミンPはビタミンCを壊れにくくし、
またその抗酸化作用の性質を高める効果をもつため、
加熱調理してもビタミンCが失われにくい。」

というのだ。

ビタミンCが壊れやすく、
体内に吸収しづらいという
ややこしいところを持っている事は有名だよね。

でもパプリカと一緒に取ることによって
ビタミンを上手に取り入れる事が出来るなら、
これは凄いと思わない?

これからパプリカと友たちになる予定♪

で、分解の件に話を戻すと
悩んだ末に
パプリカをゆでてからレアチーズの生地と
混ぜてみた。

ゼラチンと寒天、どちらを試すかとも少し迷ったんだけど、
なにせ、冷蔵庫の中にはもはや
パプリカは1個しか残ってなかったので、
より安全な方法を選択。
寒天でやりました。

やった!
固まったわ、ちゃんと。

そんな訳でパプリカの部分だけが寒天で、
その他はゼラチンという、
ちょっと変わったレシピになってしまいました。(笑)

実験、好きだよって方がいたら
ゆでたパプリカを使ってゼラチンで固めてみたください。

どうなったか、ぜひ教えてくださいね!

セロリとトマトのヴェリンヌ 042

作り方

≪セロリのレアチーズ生地を作る≫

材料

クリームチーズーーーーーーーーーー100g
ヨーグルトーーーーーーーーーーーー100g
グラニュー糖ーーーーーーーーーーー40g
セロリの葉ーーーーーーーーーーーー54g
レモン汁ーーーーーーーーーーーーー10g
白ワインーーーーーーーーーーーーー30g
板ゼラチンーーーーーーーーーーーー4g


①ボウルにクリームチーズとグラニュー糖を入れて
柔らかく練り、ヨーグルトを少しずつ加えのばし、
レモン汁を加え混ぜる。

5

②セロリは、洗って葉の部分だけをとりわけ、
水気を綺麗にふきとって適当な長さに切る。

6_20120723235933.jpg

③①に②を加え、バーミクサーで撹拌し、こす。

7_20120724000023.jpg

④白ワインを沸かし、予め氷水でふやかして水気を切った
板ゼラチンをくわえ溶かし、③に加え混ぜる。

⑤グラスの壁にプチトマトのスライス(分量外)を貼り、
④を流し入れて冷蔵庫の中で冷やし固める。

8_20120724000022.jpg

≪黄色トマトのジュレを作る≫

材料

黄色のトマト(大)ーーーーーーーー1個(172g)
グラニュー糖ーーーーーーーーーーー20g
レモン汁ーーーーーーーーーーーーー15g
白ワインーーーーーーーーー10g
板ゼラチンーーーーーーーー5g

9_20120724000022.jpg

⑥黄色のトマトは湯むきする。

10_20120724000021.jpg

⑦種も取り除いて、バーミクサーで撹拌する。

11_20120724000021.jpg

⑧⑦をこしてから、鍋に白ワインと一緒に入れて沸かし、
予め氷水でふやかしてしっかりと水気を切った
板ゼラチンを加えて溶かす。

12_20120724000021.jpg

⑨粗熱が取れたら⑧にレモン汁を加え混ぜ、
常温になったら④の上に流し入れて
冷凍庫の中に入れてしっかりと冷やし固める。

≪パプリカのレアチーズの生地を作る≫

材料

クリームチーズーーーーーーーーーー100g
ヨーグルトーーーーーーーーーーーー100g
グラニュー糖ーーーーーーーーーーー40g
パプリカ(大)ーーーーーーーーーーーー1個(122g)
レモン汁ーーーーーーーーーーーーー10g
白ワインーーーーーーーーーーーーー30g
ル・カンテン・ウルトラーーーーー4・5g


13_20120724000102.jpg

⑩パプリカは種などを処理し、熱湯に入れてゆで、
しっかり水気を切る。

⑪①と同様にレアチーズの生地を作る。

14_20120724000101.jpg

⑫適当無大きさに切った⑩を⑪に加え、
バーミクサーで撹拌する。

⑬鍋に白ワインと⑫を入れて沸かす。

15_20120724000101.jpg

⑭予め良く混ぜ合わせておいた
グラニュー糖とル・カンテン・ウルトラを
⑬に加え溶かす。

16_20120724000100.jpg

⑮⑭をボウルに移し、粗熱が取れたらレモン汁を加え
固まる寸前まで冷ましたら⑨の上に流し入れて
冷蔵庫の中で冷やし固める。

※残った生地(右)は、プティ・フール型に入れて冷凍しておくと
別のアントルメ等に使えるので便利です。

≪赤トマトのジュレを作る≫

材料

赤トマトのピュレーーーーーーーー172g
グラニュー糖ーーーーーーーーーーー20g
レモン汁ーーーーーーーーーーーーー15g
白ワインーーーーーーーーー10g
板ゼラチンーーーーーーーー5g


17_20120724000100.jpg

⑯鍋に赤トマトのピュレと白ワインを一緒に入れて沸かし、
予め氷水でふやかしてしっかりと水気を切った
板ゼラチンを加えて溶かす。

18_20120724000059.jpg

⑰粗熱が取れたら⑯にレモン汁を加え混ぜ、
常温になったら⑮の上に流し入れて
冷蔵庫の中に入れてしっかりと冷やし固める。

※使った白ワインは写真右の「マルサラ酒」 です。
直前酒でも有名だしイタリアの料理やドルチェには
欠かせないワインです。

ここで買えます♪

≪バケットを焼く≫

19_20120724000136.jpg

⑱バケットをなるべく薄く切る。
整ってない形が良いので斜めにナイフを入れて
半分くらいの大きさになるように切り、溶かしバターか
スプレーオイルをかけて粉糖をふるう。

20_20120724000135.jpg

⑲⑱を180℃のオーブンに入れて20分くらい、
しっかりと焼き色がつくまで焼く。

21_20120724000135.jpg

⑳プチトマトを湯むきして⑰に飾り、
冷ました⑲も飾る。
完成♪

セロリとトマトのヴェリンヌ 067

ル・カンテン・ウルトラは常温で固まるので
固まる始める瞬間を逃さないのがポイントです。

なので、黄色のトマトのジュレは冷蔵庫ではなく
冷凍庫の中に入れてしっかりと表面を冷やしておくのも勝負です。

未分類 003

こんな感じです。
レシピも長いし過程写真もいっぱいで
一見、複雑に見えるけど
使う材料も作業も単純なので興味ある方はぜひ作ってみてくださいね。

セロリとトマトのヴェリンヌ 015

万人ウケとは言えないかも知れないけど、
食べた後のさっぱりとした清涼感は
フルーツだけで作ったデザートにはない感じだと思います。

それに、体に良いモノを食べた充実感も捨てがたいモノです♪

003_20120723235935.jpg

☆コメントについてのお願い☆
お名前にURLを貼ってくださっている方へのお返事は、
皆さんのブログでさせていただいております。
お手数でも、ブログをお持ちの方は
コメントを書いてくださる折にURLを記入してくださるとうれしいです♪

コメントを頂いている方のブログには訪問し、記事を読み
応援のぽちっをさせていただいていますが手が回らない時は、それもかなわない事がありますので、
本当に申し訳ありませんが、それでもいいと思ってくださる方のみ、コメントの書き込みをお願いします。

ブログをお持ちでない方へのコメントはなるべく、このブログで。
それもできない時もありますが、質問があった場合は、次の記事でコメントさせてくださいね。

鍵コメや拍手覧のコメントもありがたく読ませていただいております。
温かいお言葉、いつも本当にありがとうございます。

☆3つのランキングに参加しています☆

お手数ですが、
3つのバーナーをそれぞれ押して
応援のクリックを頂けると
とても励みになります !

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 

 

cotta プレミアムメンバー


いつも何も言わず応援してくださる方、
どうもありがとうございます!
おかげ様で、
いつも上位を保てる事が出来、
明日も頑張るぞぉ~!という、パワーになってますハート


関連記事
スポンサーサイト
ゆかり
カラフルなヴェリンヌですね。
前菜になるかしら…って思ったのですが、これはグラニュー糖が入ってるから甘いんですよね。
このプチトマトがホウズキにも見えますね。
どんなお味なのか興味ありありです。
[ 2012/07/25 17:11 ] [ 編集 ]
豪華
こんなサラダ食べたいけどもったいなさすぎる~~。
[ 2012/07/25 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

kanako

Author:kanako
FC2ブログへようこそ!

*Maca・macaron*
ネットショップ*Maca・macaron*もオープン中♪ 上のバナーをクリックするとお店に飛びます♪
フリーエリア
おうちpatisserie協会
444_20110930131433.jpg
フリーエリア
レシピブログ
いつも応援、ありがとうございます♪
cotta
cotta プレミアムメンバー
FC2カウンター
訪問、ありがとうございます!
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Categories...

openclose

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

献立クラブで紹介して頂きました。
0808080.jpg
レシピサイト献立クラブで、このブログを紹介して頂いてます。 (2011/8/15~9/14)
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
cottaのサマースイーツコンテストで、クランプリ頂きました。
キウイとパイナップルのヴェリンヌ
888.jpg
レシピブログで紹介されました♪(2010~2011)
99999.jpg
◆「今日のイチオシ!レシピ」にて✿ガトー・マカロン ピスタチオ&チェリー✿を記載して頂きました。(2011/7/13) ◆わくわくお買い物部「今週の旬のレシピ」で、✿ピスタチオ風味のチェリーの2重奏♪✿(2011/6/13~19) が記載されました。 ◆レシピブログ・今日のイチオシ!ブログで記載して頂きました。(2011/5/12) ◆レシピブログのウィークリーメールマガジンで✿ 黒タピオカ入りミルクティージュレ✿が【編集部イチオシ】を頂きました♪(2010/8/9)
✿ヤンニョムチキン♪✿
◆5
レシピを記載して頂きました♪
✿ムース・オ・ショコラ♪✿
★2
「プチ★レシピブログ」の2011.2月の待受けカレンダー を飾って頂きました♪
レシピブログで紹介して頂きました♪(2009~2010)
 077_20110817045724.jpg
◆マカロン・ピスターシュ(2009/10) ◆トルコのエスニック巻き巻き~♪ケバブ(2009/11/24) ◆ゲフュルター・ヘーフェツォプフ(2009/12/14) ◆フルーツトマトの七変化♪(2010/8/5)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。